満月の夜は外で跳ね吠える

「悲しみ」のことを特別に考えている人って、たくさんいるのかな。子供のときの体験や先入観なんかが、「八宝菜」と結びついてしまうことも、あると思うんだよね。

暑い仏滅の朝は読書を

どんなことでもいいので一つの習い事でも習慣でも、ひたすらコツコツ続けている人に拍手を贈りたい。
スノボだったり、写真だったり、どんなに目立たない分野でも
ワンシーズンに一回、いつもの仲間で、いつもの旅館に連泊する!という習慣なども良いんじゃないかなと思う。
コツコツ一個の事を続けると絶対プロまで達することができる。
思い返せば、小学校の時、ピアノと日本舞踊なんかを学習していたが、また学習したいな。
そう考えるのは、リビングのの隅に両親に買ってもらったピアノがあるから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、一生にもう一度学びたいと思っている。

息絶え絶えで歌う妹と冷たい肉まん
若いころに凄く肥満体型だった時期に、どうしても欠かさなかったのがシュガートーストだ。
その上、ディナーの終わりに4枚くらい食べた時期もあった。
さらに同時に、フライドポテトに取りつかれてしまい肥満体型の世界へまっしぐらだったあの頃の私。
試みた痩身法が変わったものばかりだ。
最初は、14日間スープダイエット。
これは2週間程同じ材料で作られたスープしか口にしない食事だ。
仕事場にまで水筒に入れて持ち運んだという徹底さ。
スープダイエットに断念して、豆腐を夜ごはんに置き換えるという痩身法。
それは、今はできない。
その後、1年ほどかけて生活習慣を変えると、気が付くと元通りに。
とにかくコツコツとというのが間違いない。

一生懸命泳ぐ先生と突風

自分自身、アレルギー体質で、コスメは全く出来ないし、ケアも使用できない物が多い。
従って、フルーツや栄養剤の力に頼ることになるのだが、長らく口にしているのが粉ゼラチンだ。
コーヒーに混ぜて、しばらく飲んでいるけれど、多少素肌がつやつやになった。
その上、飲み始めてから実感するまで即効性があったので、驚いた。

寒い水曜の明け方は昔を思い出す
学生の頃、株の取引に興味をもっていて、買いたいと考えてたことがあるけれど、しかし、たいしたお金ももっていないので、購入できる銘柄は限られていたから、あまり魅力的ではなかった。
デイトレードに好奇心があったのだけれど、しかし、汗水たらして稼いでためた貯金が簡単に消えるのが恐怖で、買えなかった。
証券会社に口座はつくって、使用する資金も入れて、クリック一つだけで買えるように準備までしたけれど、恐怖で購入できなかった。
せいいっぱい、働いて得た貯金だから、他の人から見たら少なくてもでも少なくなるのは怖い。
けれども一回くらいは買ってみたい。

雨が上がった木曜の昼は昔を懐かしむ

村上春樹のストーリーが読みやすいと、友達の人々の評判を聞き、購入したのがノルウェイの森だ。
この本は、日本だけでなく海外でもたくさんの人に読まれており、松山ケンイチさん主演での映画も公開された。
この人の小説は、話の展開が早く、サクサクサクと読めてしまう所が好きだ。
直子と緑との2人の女性の間でゆれる、主役のワタナベは、実際、生と死の間でゆれているように感じる。
そういった骨組みを取って読んでも2人の女性は魅力があると思った。
で、キズキや永沢さんやレイコさんという人物が加わる。
登場人物のみんなが、魅力があり個性的で陰の部分を持ちあわせている。
学生時代に読んだストーリーだが読みたいと思い立って読んだことが何回もある作品。
主人公のワタナベは直子に、お願いをふたつ聞いてほしいと頼まれみっつ聞くと答える。
さすが村上春樹と思った瞬間。
で、直子がうらやましいと思った。

雨が降る平日の午後に座ったままで
今日この頃、おなかの脂肪を筋肉にと思い腹筋を頑張っている。
娘を私の体の上にしがみつかせて数を声を出し数えながら筋トレを行っていたら、子供とのコミュニケーションにもなるし、しゃべりだしの子供も数を覚えるし、私の見苦しい脂肪も少なくなるし、ベストなやり方だと考えていたけれど、最初は、真似して数を言っていた娘もだれたのか、しなくなってしまった。

風の強い木曜の深夜に外へ

よく遊ぶちかこは賢いやつ。
頭が良いんだなーと思わされる。
ほとんど人を否定したりはしない。
何この人?と感じても、少しでも相手の気持ちも尊重する。
ということから、視野が膨らむし、強くなるのだ。
考えを押しとおすよりも、この方がちかこにとって楽なのかもしれない。
自分が傷つかないやり方、悲しい思いをしても次回の糧にするやり方をよく理解している。

よく晴れた日曜の日没は散歩を
ネットニュースをいつも見るけれど、紙の媒体を読むのも好きだった。
今は、費用がかからないで見れるネットニュースがたくさんあるから、新聞はお金がかかりもったいなくて買わなくなった。
けれど、読み慣れていたからか、新聞のほうが短時間で多くの量の内容を得ることができていたけれど、インターネットニュースのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、深い内容まで見やすい点はある。
一般的なニュースから関連した深いところまで見やすいけれど、受けなさそうな情報も新聞はちょっとした場所に小さくても記載しているので目に入るけれど、インターネットニュースの場合自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、アメリカ合衆国のデフォルトになるかもという話がとても気になる。
なるわけないと普通は思うけれど、もしそうなったら、日本もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

どんよりした金曜の夜明けにお酒を

たしなむ程度の酒のおつまみには、そこそこ体に良い物を!と思っている。
ロングヒットなおつまみは焼き葱。
もっと前はマグロ。
そして、最近は、湯葉だけれど、お金がかさむので断念。
今日、新しいメニューを発見した。
だいたい80円くらいのエリンギ。
好きな大きさに切って、ごま油で炒めて、みりんと醤油を少々ふりかけて整えたもの。
じゅうぶん値段は低め、カロリーも低い気がしませんか。

息もつかさず熱弁する子供とわたし
甘い食べ物がすごく好きで、洋菓子やようかんなどを自分でつくるけれど、娘が大人のものを欲しがる年になって作る甘い物が制限されてきた。
私と妻がめっちゃ喜んで食べていたら、娘がいっしょに欲しがることは当然だから娘も食べられるものを自分でつくる。
自分は、ガトーショコラがめっちゃ好きだったけれど、しかし、子供には激甘なものなどはまだ食べさせたくないのでつくるのを控えている。
ニンジンやかぼちゃをいれたケーキが栄養的にもいいと考えているので、砂糖をひかえて入れて焼く。
笑顔でおいしいと言ってくれたら、めちゃめちゃつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
近頃、ホームベーカリーも使ってつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

Copyright (c) 2015 満月の夜は外で跳ね吠える All rights reserved.

カテゴリ